« ガンズン復活!? | トップページ | 僕が64歳になったら・・・ »

2007年3月12日 (月)

Nice View

 どうしてイギリスの音楽シーンは、こんなにも回転が速いのだろうか。次から次へと猫の目のように、新人バンドが出てきている。
 最近ではスコットランド出身の4人組The View(ザ・ビュー)がいる。昨年デビューした彼らであるが、平均年齢18歳このバンドは、シングル3枚連続No.1、アルバムも全英No.1を記録した。

ハッツ・オフ・トゥ・ザ・バスカーズ(期間限定) Music ハッツ・オフ・トゥ・ザ・バスカーズ(期間限定)

アーティスト:ザ・ビュー
販売元:BMG JAPAN
発売日:2007/02/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 音の感触としては、新人の頃のローリング・ストーンズ+ビートルズ的な、意外とオールド・スクールな感じである。ときおり表れるポップなメロディが彼らの才能を示しているし、何より疾走感やロックの持つ衝動性がみずみずしくてよい。

 確かに曲によっては、あっというまに、何も考えずにできたという感触を持たせるものもあるが、それを補ってあまりあるメロディやエネルギーに満ちているといえるだろう。
 アルバム中の「ウェイステッド・リトル・DJ's」「クラウディア」などは何度聞いてもいい。人をひきつけるアトモスフィアがある。

 大げさに言えば、第2のオアシスになる可能性も秘めているといえるだろう。あとはもう少しじっくりとアルバムつくりをやれば、歴史的名盤も生まれるかもしれない。有能なプロデューサーしだいのような気もする。

 自分は聞いた音しか信用しないが、久々に聞いたGood rock'n'rollである。いまなら期間限定のプライスだし、5月には早々と来日も果す。東京、名古屋、大阪とライヴをこなすようだ。ちなみにマイ・ケミカル・ロマンスも同時期に来日する。日本はライヴ天国のようだ。都会がうらやましい。


« ガンズン復活!? | トップページ | 僕が64歳になったら・・・ »

ブリティッシュ・ロック」カテゴリの記事