« スリラー | トップページ | アメリカ »

2007年10月 7日 (日)

ロバータ・フラック

 私は、実はロバータ・フラックが好きなのである。実は物心ついて聞いた彼女の曲"Killing me softly with his song"が大好きであった。邦題は“やさしく歌って”である。

51e8ctdadql Music やさしく歌って

アーティスト:ロバータ・フラック
販売元:イーストウエスト・ジャパン
発売日:1996/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この曲は1973年2月から3月にかけて4週連続No.1位を獲得し、その年のグラミー賞ベスト・レコード、ベスト・ソング、ベスト・ポップ・ヴォーカル部門で表彰されている。いつ聞いてもいい曲だと思う。

 ただ曲が長すぎて(4分47秒である。当時は3分30秒を越えるとカットされるのが当たり前だったのだ)、当時のAMラジオ局でのベスト10番組では、最初から最後までかかったことがなかった。いつも途中でカットされるのである。それが悔しいというか、残念でたまらなかった。

 特に“オー、オオー、オオオ、オーオオーオーオー”と終わりで盛り上がるところでカットされるときが一番辛かった。何でこんなにいいところでカットするのか、と聞くたびに怒っていた思い出がある。
 しかもそのあとで(4分17秒あたり)いったん曲が終わったかと思いきや、またすぐに始まるところがあるのだが、ながくても大体この辺で終わってしまった。

 たぶん局のプロデューサーあたりが、あまりにも終わり方がくどいと思っていたのではないかと思っているのだが・・・
 ごくまれに最後までかけてもらうことがあったが、なるほどこういう終わりになっているのかとびっくりしたと同時に感心した思いでもある。

 最初はそんな聴き方しかできなかったが(今も基本的にはそうであるが)、そこから私のロック人生の旅が始まったのかと思うと、決して単なる思い出としては済ませられないのである。結構こだわっているのだ。

 あとになってこの曲は、アメリカのSSWであるドン・マクリーンのことを歌っているのだと知って驚いた。何しろタイトルが"Killing me softly・・・"なのだから、恋愛の歌か、殺人依頼の曲か(そんなバカな!)と思っていたからだ。(こういうタイトルのサスペンス映画があったぞ)

 ドン・マクリーンといえば、あの有名な"American Pie"を歌った人だが、その人のステージを見て作られた歌だそうである。ドン・マクリーンとロバータ・フラック、どうも結びつかないのだが、これがアメリカ音楽社会のいいところであろうか。

 なぜかというと、当時は今よりも人種差別が激しかったのである。マイケル・ジャクソンのところでも述べたように、何しろMTVでさえも最初は黒人の映像を流すのを嫌がったという話である。

 80年代でもそうなのだから、70年代初めはもっと状況は厳しかった。もっというとロバータ・フラックが成功できたのも、彼女の努力と才能と分け隔てのない性格のおかげであったのだ。

 彼女の母親は教会のオルガン弾きで、父親もジャズ・ピアノを演奏していたから、彼女の才能は持って生まれたものであったらしい。
 4歳でピアノを弾き始め、13歳でクラシックのピアノ・コンテストで入賞もしている。成績も非常によく、15歳で高校を卒業して、音楽の特待生として大学に入学。18歳で学士号を取得した。

 父親が亡くなったために大学卒業を断念して、音楽教師になったのだが、アメリカの教師の地位は低く、重労働の割には低賃金というのは有名な話である。

 彼女も2800人の生徒に音楽を教えて、得られた収入は年間2800ドルだった。つまり1人年間1ドルという計算である。200ポンドあった体重が160ポンドに減ったというから、もとはどれだけ太っていたのか、ではなくて、それだけ大変な仕事だったのである。

 7年間の教職経験のあと、レストランのピアノ・プレイヤーになり、それがまたオーナーに気に入られ、結構引っ張りだこになったそうである。
 結局、慈善コンサートで演奏していたところをスカウトされて、プロ・デヴューした。1969年の事である。

 そして彼女が33歳のときに"愛は面影の中に"が映画の挿入歌として使われ、話題になり、しかもビルボードNo.1にもなったのだ。こうやって見ると彼女には幸運の女神がついているようである。

 とにかく彼女の成功が、黒人社会に与えた影響は決して少なくないのである。彼女は黒人とだけでなく、ジャニス・イアンやキャロル・キングのような白人の曲も同じように取り上げている。
 その彼女の姿勢が白人社会にも受け入れられたのであろう。ブラック・ミュージック界(当時の呼称)という限定されたフィールドの中だけで終わらなかった原因ではないだろうか。

 彼女の艶のあるボーカルをもっと楽しみたい人はベスト盤がお勧めである。

71jxr88lzbl__sl1190_
Music ベスト・オブ・ロバータ・フラック

アーティスト:ロバータ・フラック,ダニー・ハザウェイ
販売元:イーストウエスト・ジャパン
発売日:1993/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 


« スリラー | トップページ | アメリカ »

ソウル・ミュージック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/257206/8199507

この記事へのトラックバック一覧です: ロバータ・フラック:

« スリラー | トップページ | アメリカ »