« BBM | トップページ | キャメル »

2008年3月24日 (月)

ゲイリー・ムーア

 BBMからゲイリー・ムーアについての回帰

ということで、BBMを結成する前のゲイリー・ムーアのことについて少しだけ触れたいと思う。

 1952年生まれのロバート・ウイリアム・ゲイリー・ムーアは、北アイルランドのベルファストに生まれた。父親は地元の有力プロモーターでクラブも経営していたようである。

 10歳からギターを始め、14歳で父親の経営するクラブで初めて人前で演奏をした。このときはバンドのメンバーとして参加している。

 そして16歳で伝説のバンド、スキッド・ロウに参加し、プロ・デヴューを果している。このスキッド・ロウというグループには、のちにシン・リジィの中心メンバーとなるフィル・ライノットがベーシストとして活躍していた。

 ちなみにフィルはスキッド・ロウから脱退し(解雇されたという話もあるが…)、1969年に自身のグループ、シン・リジィを結成している。
 ゲイリーの方は、そのままスキッド・ロウで活動していたが、1971年に3枚目のアルバムを録音したあと、脱退した。

 スキッド・ロウでは、2度のアメリカ・ツアーを行っており、まだデュアンが存命していたオールマン・ブラザーズ・バンドやグレイトフル・デッドと共演している。こういう地道なツアーを行いながら、演奏技術を高めていったのであろう。

 この71年から74年までの間に、自分自身のバンドを結成してアルバムを発表したり、ツアーを行ったりしたのだが、いずれもあまりうまくいかなかった。この頃が彼の不遇時代かもしれない。

 しかし74年にシン・リジィのアルバムに参加したことから、彼の人生も拓かれてきたようで、シン・リジィで活動しながら同時にコロシアムⅡというジャズ・ロック・バンドでも活動するようになった。
 ハード・ロック・バンドであるシン・リジィとジャズ寄りのバンドであるコロシアムⅡと二束の草鞋を履いての活動が彼に演奏の幅を与えたらしい。

 彼の基本スタイルはブルースであるが、それにジャズのテクニカルなプレイ・スタイルが重なり、正確なピッキングや驚異の速弾きなど技術的にもアイルランドだけでなく、世界を代表するギタリストに成長した。

 特に泣きのフレーズが満載のバラード系では技術的な上手さとその豊かな表現力で彼の実力が遺憾なく発揮できている。

 1978年に発表された彼のソロ・アルバム「バック・オン・ザ・ストリート」では一躍彼を有名にした名バラード曲"パリの散歩道"がおさめられている。

バック・オン・ザ・ストリーツ Music バック・オン・ザ・ストリーツ

アーティスト:ゲイリー・ムーア
販売元:MCAビクター
発売日:1991/12/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 4分にも満たない小曲ではあるが、彼の泣きのギターの魅力が充分に堪能できる。なおこの曲で彼はギブソン社のレス・ポールを使用しているのだが、このギターは元フリートウッド・マックのピーター・グリーンから譲り受けたものらしい。

 またこの曲の歌詞はフィル・ライノットが書いていて、彼の父親Parisについて書いたものである。
 彼の父親はブラジル人の軍人であり、アイルランド駐留中にフィルの母親と出会い、1949年にフィルが生まれた。しかしその後、父親のParisは母国に帰ってしまい、二度と息子のフィルに会うことはなかった。

 だからこの曲の出だしは“I remember Paris in '49”となっている。ちなみにフィル自身のミドル・ネームもParisといい、母親が父親の名前から取ってつけたようである。なかなか泣かせるエピソードである。

 またこのアルバムには"Flight of the Snow Moose!"というインストゥルメンタル曲があるのだが、わかる人にはわかると思うが、イギリスのプログレ・バンド、キャメルが1975年に発表したアルバム、「スノー・グース(白雁)」にある"Flight of the Snow Goose"から拝借したものである。

The Snow Goose Music The Snow Goose

アーティスト:Camel
販売元:Polygram Int'l
発売日:1998/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 キャメルの方の曲は4分未満の短い曲であるが、ゲイリーの方は倍近くの長さの曲になっている。そしてキャメルの方は叙情的な雰囲気に満ちているが、ゲイリーの方はテクニカルでアグレッシヴ、攻撃的な曲調になっている。

 このアルバムのヒットで、彼の知名度も上がり、ますます評価も高まっていくのだが、今回はこのぐらいで彼の紹介に代えたいと思う。
 いずれにしてもいまなお人気、実力ともに兼ね備えたギタリストである。


« BBM | トップページ | キャメル »

ブリティッシュ・ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲイリー・ムーア:

« BBM | トップページ | キャメル »