« ボーナム | トップページ | クロックワーク・エンジェルズ »

2012年9月 2日 (日)

プロメテウス

 先日、映画「プロメテウス」を見に行った。予告編などを見ていたので、また監督がリドリー・スコットということでもあり、この映画が“エイリアン”シリーズに連なるものということが分かっていた。

  結論から言えば、この映画は“エイリアン”誕生の謎を解明するものだったし、これまたシリーズ化されるのは間違いないといえるような内容だった。確か映画の宣伝が“人類誕生の謎に迫る”だったと思うのだが、人類誕生の謎はお預け、逆に人類が宇宙人から狙われていたというオチまで付いていて、その理由を探りに一人の女性が一台の人造人間とともに宇宙人の母星に出かけるというところで終わっているからだ。Photo
 ごく大雑把に内容を述べさせてもらうと、宇宙船プロメテウス号が向った先の惑星は、宇宙人の最終兵器開発地域であり、そこにおそらく宇宙人から開発されたであろうエイリアンの卵がいくつも見つかる。

 これは自分の推論なのだが、宇宙人たちは、最終兵器を開発するためにエイリアンをなぜか培養というか交配させていたようである。

 映画の途中部分で、密かにエイリアンの卵を持ち帰ったアンドロイドが乗員のひとり、しかも主人公であるヒロインの恋人、に卵に付いていた液体を飲ませ宇宙人化?させてしまうし、結果的にヒロインの体内でエイリアンが育っていくのであるが、お腹を食いちぎって出てくる前に、ヒロイン自らが人工手術マシーンを使って運良く取り出すことに成功する。ちなみにここで目にするエイリアンはヘビ型ではなくて、4本足のイカ型エイリアンだった。エイリアンはおそらく自分が寄生した生物のDNAを自分のものにしてしまうのだろう。だから手足4本分あるエイリアンに変化したのだろう。

 人類誕生の謎を探りに来た地球人たちは、そこで冷凍睡眠中であった唯一の宇宙人とコンタクトをとるのだが、なぜかその宇宙人は激怒し、地球人を殺して宇宙船で地球に向っていく。もちろんエイリアンの卵を乗せたままである。
 
 そうはさせじと主人公のヒロインは、このままいけば地球は滅びてしまうので、プロメテウス号の船長にカミカゼ特攻隊になってほしいというようなことを示唆し、結局、宇宙人の乗った宇宙船は撃沈されるのだが、ヒロインが戻った脱出用ポッドに残っていたイカ型エイリアンと宇宙船から奇跡的に生き残った宇宙人が戦うようになり、結局イカ型エイリアンが宇宙人に寄生してしまうのである。

 一人残ったヒロインと一台のアンドロイドはなぜ彼らが最終兵器であるエイリアンを創造するようになったのかを探りに旅立つのである。ここからパート2につながるのだろう。

 要するにエイリアンは元々は宇宙人が開発した最終兵器であり、それが人間に寄生して4本足のイカ型エイリアンになり、ラストの部分でそこからさらに宇宙人に寄生して生まれてきたものであるということが分かった。ラストシーンであの特徴的な頭の形をしたエイリアンが見られるからだ。

 ただよくわからないことがいくつかあって、たとえば人間と宇宙人のDNAは同じだと言っているにもかかわらず、ヒロインの体内から出てきたエイリアンの形は、宇宙人の体内から出てきたエイリアンの形とは異なっている。エイリアンが寄生した生物のDNAを取り込むのであれば、同じ形になるのではないか。そしてどう見ても宇宙人の方が地球人よりも優れているように見えるのだが、あれも本当に同じDNAを持っている生物なのだろうか。

 また映画の冒頭のシーンで、宇宙人が原初の地球に来て、黒い液体を飲み拡散していくのだが、あれは何を意味しているのであろうか。地球を第2の母星化するべく我が身を犠牲にしたのだろうか。ならばその後60億年もの長きにわたって彼らが地球に訪問しないのは、その間に宇宙人が滅びたということだろうか、エイリアンによって。2

 たぶんそういう疑問は、このあとのシリーズ化で徐々に明らかにされていくのであろう。

 最後にロック的な立場から見ると、途中で船長がスティーヴン・スティルスの曲"Love the One You're With"の一部を口ずさむところがあった。これは1970年に発表された彼の最初のソロ・アルバムからシングル・カットされた曲で、邦題では“愛の讃歌”と呼ばれていたと思う。Photo_2
 ビルボードのチャートでは最高位14位で彼の最大のヒット曲だったし、アルバム自体も3位まで上昇している。しかし、なぜこの曲になったのか、1970年の曲が2093年という設定の映画の中で使われたのかよくわからない。いずれにしても100年以上も経ってまだ記憶の中にあるだろうということを知って、スティーヴンもきっと満足するに違いない。

 ところでこのアルバムにはデヴィッド・クロスビーやグラハム・ナッシュ、リンゴ・スターやリタ・クーリッジなどの豪華なミュージシャンが参加していて、ちなみにエリック・クラプトンとジミィ・ヘンドリックスが共演している唯一のアルバムでもある。ジミィはこのアルバムの発表前に亡くなっているので、このアルバムは彼に捧げられたものになっている。

  次回作のパート2では誰の曲が使われるのだろうか。デヴィッド・クロスビーなどのC,S,N&Y関連か違うミュージシャンなのか、そういう意味でも話題は尽きない。(かもしれない)


« ボーナム | トップページ | クロックワーク・エンジェルズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/257206/46886983

この記事へのトラックバック一覧です: プロメテウス:

» 映画「プロメテウス」この創造世界を大スクリーンで楽しみたい [soramove]
「プロメテウス」★★★★ ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、 シャーリーズ・セロン、ガイ・ピアース出演 リドリー・スコット監督、 124分、2012年8月24日(公開) 2012,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:PROMETHEUS ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「時は2090年台、 2年の宇宙航海の... [続きを読む]

受信: 2012年9月 7日 (金) 07時42分

« ボーナム | トップページ | クロックワーク・エンジェルズ »