« コズミック・ラフ・ライダーズ | トップページ | アズティック・カメラ »

2015年5月25日 (月)

BMXバンディッツ

 新緑や初夏の季節のふさわしいポップ・ミュージックを紹介しているが、よく考えたら何れもグラスゴーか、その周辺出身のバンドやミュージシャンだった。だから広く考えれば、グラスゴー・ミュージックの紹介といってもいいかもしれない。

 グラスゴーといえば、スコットランドの中心都市のひとつである。スコットランドは、昨年イギリス連合からの独立騒ぎまで引き起こしたほどの郷土愛に溢れた人たちが暮らしている土地だ。
 だからかどうかはわからないが、彼らは自分たちがイングランドとは違うという強固なアイディンティティを備えているのは確かで、それは思考様式や生活様式だけでなく、音楽のフィールドでも強い影響を与えているに間違いないだろう。

 それで今回は前2回に引き続いて、グラスゴーのポップ・シーンを代表するバンドを紹介する。BMXバンディッツのことである。名前が長いので、以下BMXと略することにした。

 彼らは60年代の音楽シーンに強い影響を受けたポップ・バンドで、1986年頃から現在まで、メンバー・チェンジを繰り返しながら活動を続けている。

 基本的には、ダグラス・スチュワートという人を中心としたバンドで、一部のメンバーは他のバンドとの掛け持ちをしている。だからというわけでもないのだろうが、メンバーの入れ替わりが激しいのは、そんなことも一因かもしれない。

 ちなみにダグラスは現在51歳で、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンやフランス人のセルジュ・ゲンズブール、イタリア人のエンニオ・モリコーネなどを尊敬しているようだ。
 実際に、ブライアン・ウィルソンのトリビュート・アルバムには共同プロデューサーとして関わっていたから、尊敬というよりは信奉者といってもいいだろう。Ca81304966c19a9d368b66b1850d74ce9a0
 自分が所有しているアルバムは「マイ・チェイン」というもので、これは2006年に国内盤が発表されている。国内盤が出されるくらいだから、当時はそれなりに有名だったようで、当時12年ぶりの来日公演も、東京のみならず大阪や名古屋で行われた。

 この「マイ・チェイン」というアルバムは、かなりのポップ・ソング・アルバムだ。全14曲で、通して聞くと、映画か演劇のサウンドトラックかバックグラウンド・ミュージックのように思えてくる。
 もう少し言うと、ロックン・ロールのような疾走感や焦燥感はまったくなくて、バラードやミディアム・テンポの曲が目立つものだ。
 あるいはビーチ・ボーイズの「ペット・サウンド」をオブラードに包んで、さらに砂糖をまぶしたような、そんな感じのアルバムなのである。

 ダグラスにとってポップ・ミュージックとは、知性に訴えかける最良の方法のようだ。彼は以前、ロバート・ワイヤットと対談をしていて、その中ではポップなメロディの持つパワーの素晴らしさを語っていた。
 メロディーとは単なる音符の羅列ではなく、リスナーの知性に訴えかける魔法の杖みたいなものだとも言っていて、ダグラスの音楽観の一端がうかがい知れた。

 アルバムの内容は、ほとんどダグラスの私小説的なものになっていて、タイトルの“マイ・チェイン”も当時の彼女から贈られたプレゼントの鎖(ブレスレット)のことだった。

 ダグラスは、結局、彼女とは別れてしまい、そのプレゼントも失われてしまったのだけれども、そのときの寂寥感や愛惜の情念などがこのアルバムに詰め込まれている。以下は、このアルバムに寄せられた彼のコメントである。

 “彼女は、そのチェインを僕にくれるくらい愛してくれていたのだけれど、僕は誤ってそのチェーンを失くしてしまった。まったく大ばか者で、空っぽになったような気分だった。だから僕は、「My Chain」という言葉を腕に彫って、そのチェーンのことを思い出せるようにしたんだ。
 でも、それだけでは足りなかった。それで新しいチェーンを作ることにしたんだ。この愛を生かしておけるような「歌」のチェーンをね。どの曲も、そのチェーンの一部としてリンクしている。そこには一つの物語が存在しているんだ”

 本当に腕に彫ったのかどうかはわからないが、アルバムのジャケットには確かにそれが描かれている。Bmx_2 このアルバムの特長は他にもあって、女性ボーカルとしてレイチェル・マッケンジーという人が加入して、その美声を披露していることだった。
 この人は声だけでなく、ルックスもよさそうだ。バンドに加入した時は、レイチェル・マッケンジーだったが、途中でレイチェル・アリソンに変わった。ひょっとしたら結婚したのかもしれない。2715db52ffad6d435227a93ac3ed0da67fe
 ただ2013年にはバンドから去っていて、代わりにクロエ・フィリップという人が加入している。ちょっと残念だ。

 また、BMXは、1990年代の後半は、アラン・マッギーの設立したクリエイション・レコーズに所属していた。要するにダニエル・ワイリーやコズミック・ラフ・ライダーズなどとは、バンドメイトだったわけで、ひょっとしたら彼らはいい意味でライバル意識を燃やしていたのかもしれない。

 グラスゴー・ポップなどという言葉は存在しないが、BMXやCRRなどはグラスゴーのポップ・ミュージック・シーンの牽引車だった。今となっては懐かしい2000年代初頭の話である。


« コズミック・ラフ・ライダーズ | トップページ | アズティック・カメラ »

ポップ・ミュージック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/257206/59948315

この記事へのトラックバック一覧です: BMXバンディッツ:

« コズミック・ラフ・ライダーズ | トップページ | アズティック・カメラ »