« 3人のアンディ(1) | トップページ | 3人のアンディ(2) »

2016年4月23日 (土)

追悼:プリンス

 新聞やTVニュース等で報道されていたので、もうすでにご存じのはず。プリンスが亡くなった。57歳だったという。

 

 いまだに信じられないのだが、インフルエンザにかかっていたという話や家の中のエレベーターの中で倒れていたという話もある。亡くなる6日前には薬物過剰摂取、いわゆるドラッグのやり過ぎで倒れたという話もあった。

 情報が錯綜しているようだが、亡くなったという事実は変わらない。本当に残念でならないし、心からお悔やみ申し上げたい。6ddb418061942c53352d357fa3de1e21300

 

 自分が初めてプリンスを知ったのは、大学生の時だった。1984年のアルバム「パープル・レイン」は、全世界で1500万枚以上も売れた。同名の映画も見に行ったのだが、彼の自伝的な内容の映画で、ストーリー展開が予想できて、そんなに面白いものではなかった。映画よりもアルバムを聞いていた方が満足できるのではないだろうか。

 それ以降のプリンスは、出すアルバム出すアルバム、すべてが話題になり、大ヒットした。80年代はマイケル・ジャクソンとマドンナの時代といわれていたが、決してその2人だけのものではなくて、プリンスもまた時代の最先端を走っていたのだ。

 ただ、そんな天才的ミュージシャンだった彼もまた、90年代からは話題にならなくなった。これはプリンスのせいではなくて、時代が新しいサウンドやムーヴメントを求めていて、それにあったバンドやミュージシャンの方に焦点が当たっていったからだろう。

 このことは昨年のこのブログでも述べていて、90年代や2000年代以降もプリンスのアルバムは、それなりに商業的成功は収めているのである。最近のプリンスは、80年代を思わせるかのように、創作意欲が活発化していて、昨年は「ヒット&ラン、フェーズ・ワン」を発表して、話題になった。

 その続編「ヒット&ラン、フェーズ・トゥー」も日本では5月下旬に発売予定である。前作は11曲、約38分とボリュームに乏しかったが、今回は12曲、60分近くもあるようだ。

 

61vqrx4rn4l__sl1500_

 追悼盤になってしまったが、ひょっとしたら予定よりも早く店頭に並ぶかもしれない。

 再び彼の黄金時代がやってきたのに、かえすがえすも残念である。彼のラスト・アルバムを早く手に入れて、最高のミュージシャンのことを偲びたいと思っている。


« 3人のアンディ(1) | トップページ | 3人のアンディ(2) »

ソウル・ミュージック」カテゴリの記事

コメント

嫌だけど、やはり亡くなったのは本当らしい。何度も何度も検索したが。あまりにも早すぎる!!これまでいろんな人の訃報をきいたが、こんなにショックだった事は無かった。早速とりあげて頂き、ありがとうございました。

投稿: 川崎の晴れ豚 | 2016年4月23日 (土) 19時32分

 親愛なる川崎の晴れ豚さま。NHKやTBSのニュースでも取り上げられていたように、突然死のようです。原因は様々な要因が折り重なって出来上がったのだと思います。

 それにしても返す返す残念でなりません。しかも彼はまだ現役選手。まだまだ来日公演の可能性も秘めていたのに、もう二度と彼の勇姿を見ることはできないのです。

 早速車の中に「1999」のアルバムを入れました。明日からの通勤時に聴こうと思っています。コメントありがとうございました。同好の士がいてうれしかったです。

投稿: プロフェッサー・ケイ | 2016年4月24日 (日) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追悼:プリンス:

« 3人のアンディ(1) | トップページ | 3人のアンディ(2) »